暮らすところ

私事ではありますが昨年6月末、オオタカの住む広々とした森を眺める場所にお引越しをしました。

 

 
耕木杜 家づくり


場所を探すのにおおよそ2年、施工をお願いする方を探すのに約1年、建前から竣工まで10ヶ月。
家族や友人たちには、「本当に家を建てる気があるのだろうか?」ときっと心配していただいていたように思いますが、じっくり取り組んでいたら時間がかかってしまいました。

2~3ヶ月、長くて半年位で家が建つ時代に、まるで子どもをお腹で育てるように10ヶ月もの時間をかけて丁寧に丁寧に家を建ててくれた耕木杜のみなさん、飛騨高山からかけつけてくれた左官屋の小松さんなど、関係していただいた多くの方々に頭が下がります。奇をてらわず素直で、空間の良さや素材の良さを肌で感じる、心穏やかな家に仕上げていただきました。

また、自分たちで出来るところはと、キッチンや洗面所のタイル施工や2階の左官、一部部屋の床張り、軒下の雨落ちづくりなどなど・・・色々試行錯誤し、まだまだやるところは多いのですが、「家」を通して沢山のことを学んでいます。

そうこうしている間に、来月新しい家族を迎えることになりました。
家も、子どもも、大切な人たちとの関係も、自分自身も、じっくりと育てていけたらと思っています。
みなさま、お近くにお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄りください。


耕木杜 トボ 家づくり